アニメの演出

化物語の演出
・小説の中の細かなキャラ性の表現が、アニメで言葉ではない演出で見せる。いつの間にかに刷り込まれて、キャラに感情移入する。
小説の中で、和室の敷居を踏む表現があったとして、アニメでは、その説明がないが、普通見かけない敷居の上に立つ人物の絵が見れれば、そこから人間性は感じる。
アニメなら必要でない写り込みや描かなくても、情景の説明は成功する。またコメディの枠組みで帳尻を合わす事も用意

対して、蟲師の実写は、イメージや雰囲気で表現される昔の日本の風景は、実写では省くことができない。
作り込む必要のある要素は、世界観を作ってしまう。それをセリフや画角等で無理に表現しようとすれば、中学生の文化祭の演劇のように違和感満載にならざるを得ない

Star Wars 8の失敗

・昔のファンと新しいファン、広い範囲を想定しないといけないディズニーのしがらみ
・人種問題
・グッズ販売
・主人公のハーマイオニーのように魅力的に育たなかった
・優先事項が大事にされた結果、伏線や間、キャラクター性が失われた。